タイトル          

TOP

NEWS

ABOUT

MAGAZINES

BOOKS

HOW TO ORDER

NEWS





ジャズ批評2018年5月号(No.203)4月24日発売

203.jpg
ジャズ批評203号 好評発売中
特集
『ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ』

本体1,200円+税(定価1,296円)/A5判
1950年代〜2017年録音まで新旧ヨーロッパのヴォーカル・アルバムを解説・データ付きで紹介します!


【巻頭カラー】
ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ / 麗しきEUジャケの世界



◆序文 後藤誠一
◆ヨーロッパのジャズ・ヴォーカル・アルバム新旧130枚紹介
(データ・解説付き、他に国別・年代別リスト)
アルバム解説:上原昇/後藤誠一/白澤茂稔/Suzuck/高木信哉/高田敬三/藤田嘉明/豆大福桜/茂木亮/星向紀
スカンジナビアの歌姫シゼル・ストーム・ライヴレポート:川村文久
◆アーティスト・ファイル・イン・ヨーロッパ
アンドレア・モティス(スペイン)/アナ・マリア・ヨペック(ポーランド)/マルガリータ・ベンクトソン(スウェーデン) /ノーマ・ウィンストン(イギリス)/シーネ・エイ(デンマーク)/シルヴィア・ペレス・クルス(スペイン) /ステイシー・ケント(イギリス)/ヴィクトリア・トルストイ(スウェーデン)/ユン・サン・ナ(フランス)/シモーネ・コップマイヤー(オーストリア)
◆イザベラ・ラングレン インタヴュー
◆パブロ・カンポス インタヴュー
◆ジャズ・ヴォーカル・イン・ヨーロッパ[読者編]
【特別再録】ジャズ・ボーカルのエロティシズム:岩浪洋三


 ジャズ古今往来 好評発売中 

kokonourai.jpg
ジャズ批評編集長が今まで出会ったジャズについて書きました。

『ジャズ古今往来』(ジャズここんおうらい) 松坂妃呂子 著
ビバップの心と技を受け継いだ日本人ジャズ・アーティスト
Come-and-Go in Jazz History
Japanese Jazz Artists Succeeded to the Spirit and Skill of Be-Bop

本体1,300円+税/四六判並製192頁
ISBN978-4-915557-30-9  2014年3月下旬発売


すてきな音楽、ジャズに出会って毎日聴きたいみんなで聴きたいとジャズ喫茶「オレオ」を開店しました。ジャズをもっと深く知りたいと雑誌『ジャズ批評』を創刊し編集発行人を47年続けています。その47年間にジャズのスタイルが変わりました。編集部内にはたくさんの難問がありましたがジャズのアルバムを聴くことも観ることも楽しくいつも燃えていました。ふと気づいたら81歳でした。(松坂妃呂子)

●ジャズ喫茶「オレオ」ができるまで ●ジャズ喫茶「オレオ」のこと ●ドラムス ●ベース ●テナーサックス ●アルトサックス ●ギター ●ヴァイブラフォン ●ピアノ ●ルイ・アームストロング ●チャーリー・パーカーと渡辺貞夫 ●クリフォード・ブラウンとトランペット奏者たち ●J.J.ジョンソンの置きみやげ ●ポール・デスモンド●マイルス・デイヴィス ●ジャズとシネマ ●ジャズヴォーカル ●ECMと日本のトリオレコード ●ジャズを記録するよろこび ●ビバップの心と技を受け継いだ日本人ジャズ・アーティスト・アルバム



季刊・隔月刊ジャズ批評バックナンバーの在庫状況はこちら
ジャズ批評ブックスの在庫状況はこちらでご確認下さい