タイトル          

TOP

NEWS

ABOUT

MAGAZINES

BOOKS

HOW TO ORDER

NEWS


◆本特集に添ったアルバムを聴く会を開きます
195号「21世紀の歌姫たち」 196号「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2016」
3月19日(日)18時30分から(21時前には終了)
場所:東京・高田馬場マイルストーン
料金:飲み物代のみ
問合せ:ジャズ批評03-3807-8829 マイルストーン03-3200-4513


ジャズ批評3月号(No.196) 好評発売中 

196.jpg
ジャズ批評196号 2月24日発売予定
特集『マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2016』
本体1,200円+税(定価1,296円)/A5判

第11回ジャズオーディオ・ディスク大賞2016発表
ジャズオーディオ・ディスク大賞選考委員による「ジャズオーディオ・ディスク大賞2016」が発表されます。
座談会:「いい音」で聴くコトが「いいジャズ」との出会いにつながる。(出席者:後藤誠一、寺島靖国、林正儀、花村圭、平井清貴、藤田嘉明、前泊正人)


マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2016
毎年恒例のアンケート。CD・アナログ販売店、ライター、コレクター、ジャズ喫茶店主等々ジャズに深く関わっているみなさま からベスト・ジャズ・アルバム2016の声が今年も届きました。
◆CD販売店編
HMV三宮VIVRE店/福岡キャットフィッシュレコード/銀座山野楽器本店/JEUGIA[Basic.]店/タワーレコード渋谷店/ディスクノート仙台/ディスクユニオン吉祥寺ジャズ館/ディスクユニオン新宿ジャズ館/広島VENTO AZUL
◆ライター編
相澤 榮/飯野 智/伊佐津和朗/石井克尚/いっき/井上和洋/井上雅一/岩崎貴行
太田"AHAHA"雅文/大塚広子/小山智和/神村達也/神谷年幸/ガモウユウイチ
川島育郎/川村文久/草野信之/久保道也/小島良太/後藤啓太/後藤雅洋/[*]佐藤 基
志保澤留里子/島田奈央子/白澤茂稔/杉田誠一/Suzuck/瀬川昌久/関口 将/高木信哉/高田敬三/高野 雲/津下佳子/永野敦史/ 行方 均/バディ・みなみやま/花木 洸/原澤美穂/広田好男/冨士孔太/藤岡靖洋/舟田 敏 /益子博之/まつもとたくお/村井康司/茂木 亮/八島敦子/山本弘市/山谷耕平/横井一江/吉澤審一/米山晋太郎
*Jazz Scene In South California特別編:佐藤 基
◆アナログ販売店編
HMV record shop 新宿ALTA/渋谷ディスクランド・ジャロ/川崎トップス/横浜市ビッグ・ビート・レコード
◆読者編
◆【2016年ジャズ界の総まとめ好評対談】高井信成×杉田宏樹


 ジャズ古今往来 好評発売中 

kokonourai.jpg
ジャズ批評編集長が今まで出会ったジャズについて書きました。

『ジャズ古今往来』(ジャズここんおうらい) 松坂妃呂子 著
ビバップの心と技を受け継いだ日本人ジャズ・アーティスト
Come-and-Go in Jazz History
Japanese Jazz Artists Succeeded to the Spirit and Skill of Be-Bop

本体1,300円+税/四六判並製192頁
ISBN978-4-915557-30-9  2014年3月下旬発売


すてきな音楽、ジャズに出会って毎日聴きたいみんなで聴きたいとジャズ喫茶「オレオ」を開店しました。ジャズをもっと深く知りたいと雑誌『ジャズ批評』を創刊し編集発行人を47年続けています。その47年間にジャズのスタイルが変わりました。編集部内にはたくさんの難問がありましたがジャズのアルバムを聴くことも観ることも楽しくいつも燃えていました。ふと気づいたら81歳でした。(松坂妃呂子)

●ジャズ喫茶「オレオ」ができるまで ●ジャズ喫茶「オレオ」のこと ●ドラムス ●ベース ●テナーサックス ●アルトサックス ●ギター ●ヴァイブラフォン ●ピアノ ●ルイ・アームストロング ●チャーリー・パーカーと渡辺貞夫 ●クリフォード・ブラウンとトランペット奏者たち ●J.J.ジョンソンの置きみやげ ●ポール・デスモンド●マイルス・デイヴィス ●ジャズとシネマ ●ジャズヴォーカル ●ECMと日本のトリオレコード ●ジャズを記録するよろこび ●ビバップの心と技を受け継いだ日本人ジャズ・アーティスト・アルバム



季刊・隔月刊ジャズ批評バックナンバーの在庫状況はこちら
ジャズ批評ブックスの在庫状況はこちらでご確認下さい